TEL/FAX 048-851-6670

ソフトバンク携帯:080-5860-6670
営業時間:10~20時 / 年中無休


子犬の体調不良のサイン

子犬を初めて飼う人にとって、新しい家族が増えて嬉しい半面、わからないことも多く、不安だらけだと思います。子犬は病気ななった時、具合が悪くなり悪化するのも早いですから、初期の症状を見逃さないようにすることが肝心です。子犬の体調の変化に気づき、早めに獣医さんへ行ってください。
 ◆ 元気がない、ぼんやりしている
 ◆ 食欲がない
 ◆ 体重が減っている
 ◆ 便がゆるい(下痢便、血便)
 ◆ 便が出ない
 ◆ 嘔吐
 ◆ 息が苦しそう
 ◆ 高熱がある
 ◆ 体温が下がっている
 ◆ 水を異常に飲む
 ◆ 尿が多かったり、少なかったりする
 ◆ よだれが多い
 ◆ 被毛につやがない
 ◆ 歯茎の色が悪い 
 ◆ おなかが異常に張っている 
 ◆ 眼ヤニが多い
 ◆ 咳やくしゃみ、鼻水を出す

混合ワクチンで予防できる病気
 ◆ ジステンパー
 ◆ パルボウイルス
 ◆ レプトスピラ
   
狂犬病ワクチン  現在、日本での感染は無いようです。人にも感染する生死にかかわる病気なので、犬のワクチン接種は法律で決められています。

フィラリア症  蚊が媒介して発症する病気で命にかかわります。蚊の発生しやすい時期(春先)に合わせて薬を飲ませます。

寄生虫   獣医さんでワクチン接種を行うときに、検便もしてもらってください。回虫やそのほかの寄生虫はなかなか駆除しきれない場合もあり、下痢や血便、体重減少したりします。寄生虫がいるときは虫下しを飲ませます。